赤ちゃんの健康を守る<AKA.KENKO>

乳児湿疹の原因と対策

赤ん坊

次に赤ちゃんの肌のトラブルについてです。よくあるものとして乳児湿疹、新生児ニキビ、脂漏性湿疹があります。どれも大きな病気ではないのですが、しっかり治してあげるために対処法を確認しましょう。

ますは乳児湿疹についてです。前提として赤ちゃんの顔や体にできる湿疹は湿疹の質感に関わらず全て乳児湿疹といいます。このうち、低月齢の頃に脂分の多い場所にできるものは脂漏性湿疹という別の名前がつきます。こちらの脂漏性湿疹については後ほどご紹介します。乳児湿疹の基本のケアの方法なのですが石鹸で丁寧に洗う・汗はこまめに拭きとる・清潔にした後は保湿をする・つめが伸びすぎないように切る以上の4つになります。特別なケアをしなくても清潔にして保湿してあげれば自然と収まるでしょう。

次は新生児ニキビです。こちらは生後まもなく3ヶ月ごろまで多く見られるニキビです。この頃は皮脂分泌が多いので、顔の中でもほっぺやおでこ等の特に脂分の多いところにできます。特にかゆみや痛みはなく、肌を清潔に保っていれば自然に治るので心配ありません。

最後に先程少し紹介した脂漏性湿疹です。生後2~3ヶ月はホルモンの影響で皮脂が分泌されやすくなります。これによって起こるトラブルが、脂漏性湿疹です。髪の生え際や頭皮などの皮脂腺の多いところにできやすいです。こちらもかゆみはなく、肌を清潔にしていれば自然に治ります。見た目はクリームっぽい色のかさぶたやフケに似ています。